内田酒店の日本酒会・ワイン会・その他 日々のよしなしこと

高知県高知市高須3ー16ー1 とさでん交通 東新木電停隣

店の営業時間 9時〜21時 日曜日は夕方〜21時
  配達受付 9時〜19時 日曜日はお休み
干します 干します

もうすぐ土用の丑の日です
「う」のつくもの
うめぼし

うめ

晴天続きなので土用干しちゅう
今年は赤紫蘇を入れ忘れたので
白梅干し

ドライトマト

屋上菜園のトマトもシーズン最終
梅雨明けまでの作物なので
暑すぎて育たんなりました
いよいよ最後の収穫です

ヒトカゴは初夏の思い出として
冷凍庫にストック
ヒトザルはスライスしてドライトマトに
ひいといぼし

トマトの一日干し ひいといぼし
ビールにもワインにも酒にも
酒の肴に
いけます













入河内 豪雨水害 吟の夢
嫁サボって・・・

今回の豪雨災害でお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに、ご家族の皆様にお悔やみを申し上げます。被災で家を失った方々、まだ断水のままだったり不自由な生活の皆様に謹んでお見舞い申し上げます。

稲

かわら

ゆず

テレビや新聞では伝わって来ない話。
ラインの添付写真では薄い実感。
伊尾木川中流、安芸市入河内の実家の
様子が気になってましたが、
先々週の豪雨で安芸川、伊尾木川が氾濫し、不通だった安芸の実家への道。実家までは開通したので、日曜日、里帰りしてきました。
ミルクコーヒー色の濁流は今も水かさ多く、川岸には大量の流木、巨木。

入河内は住宅は無事ですが、ゆずや田の被害がハンパなく、重機で大掛かりな工事をしない限り復旧はとても とても。どのおんちゃんも凄い落ち込みようで・・・。亡き父の大事にしていた、水害に負けないよう嵩上げし護岸した田ももれなく被害に。酒造好適米「吟の夢」のたんぼ。そこは河原になっていました。稲の緑はがれきに覆われ、大木、線もガイシも付いた電信柱は二本も、大きなブロック、「まさかこのまま、耕作放棄地になるのか?!」と思うほどの惨状。父は、去年逝ったので見なくて済んで良かったと思うほど。
25年前、私が酒屋に嫁に来てすぐ、食米を作っていた田が「土佐錦」(酒米)の田に、そしてすぐ「吟の夢」に。
なので、
この米には、思い入れがあります。




この風景がまた見られる日が来ますように
2015,9,20 安芸市入河内にて吟の夢稲刈り
あき風景



吟の夢 <系統名:高育54号>
S63年、高知県酒米研究会の意向でスタートした土佐酒造りに適した地場の酒米造り。土佐の蔵元達が夢見た酒造好適米。台風の通り道で雨の多い高知では、稲の倒れやすい酒米造りは難しい。掛け合わせて生み出されたのが「吟の夢」。高級酒造りにうんとえい山田錦を母に、台風でも倒れないよう稲の短いヒノヒカリを父に。


熱い想いに反して、困難続き、天候、虫、「猪の運動会」「実が入らん」「倒れた」「芽が出た」20年あまりの試行錯誤。収量は安定しませんが、ここ数年は、「吟の夢」で造られた酒も米の個性、蔵の個性おもしろく、消費者の銘柄指名買いも増えました。
お酒の購入時、
原料米に高知県産米「吟の夢」
ちょっと気にして見てみてください。








司牡丹封印酒生酒
今夜のお薦め日本酒

つかさぼたん じゅんまいぎんじょう ふういんしゅ なまざけ

封印

封印してあるので中身は見えませんが、こんなんなってます

司封印生中

百花の王に違わぬ芳醇。
爽やかな香りと
ソフトでなめらかな旨味

落ち着いた香りの「熊本酵母」と華やかな香りの「高知酵母」を合わせ醸しました。フレッシュで爽やかな香りとやわらかく滑らかな旨味が調和した生酒。

司牡丹純米吟醸 封印酒 生酒

720ml 税込¥1,890 完売しました
[分析値]
アルコール度数 16.0〜16.9
日本酒度 5
酸度 1.3
アミノ酸度 1.1
使用米 吟の夢(高知)
  山田錦(兵庫)
精米歩合(掛米・麹米) 55・55
酵母 熊本酵母・高知酵母・きょうかい1801号




今夜はこれおおすすめします








大人の夕涼み会
日本酒会

今年も夏の日本酒の会をします

イメージ酒会

うちださけのかいご案内
「大人の夕涼み会」
2018年7月29日(日曜日) 夕方4時〜7時  

この夏もあちこちの蔵元から入荷の夏酒。蔵元イチオシの酒、話題のあれ、当店のきき酒師・土佐酒アドバイザーが、この夏に飲んでいただきたい日本酒をセレクトし、お楽しみいただきます。

水着やアロハ、ムームー、浴衣、下駄や扇子など夏を一つ身につけてどうぞ
会費;酒代として2,000円 各自おつまみ持参
定員15名 (二日前までにお申込みください。
先着順、定員になり次第申し込み締め切り)









土佐しらぎく純米吟醸 微発泡生
高知県芸西村・仙頭酒造から
夏の生酒入りました
梅雨明けしました
夏にピッタリのお酒
今夜はコレをおすすめします

びはっぽ

土佐しらぎく純米吟醸 微発泡生

瓶内二次発酵により発泡したうすにごりのお酒です 清涼感溢れる柑橘系の味わいをお楽しみ下さい

720ml¥1,550 (税込¥1,674)


活性具合、炭酸の勢いは
開けてみないとわかりませんが
開けようと
スクリューキャップを緩めるやいなや
シュワ〜っと吹き上がり
吹きこぼれることも
急いで一旦閉め
落ち着かせ
開けて閉めて
吹き溢れないよう
注意しながら
慌てず急がず
溢すより用心
活性をなめたらいかんぜよ










モルト会でした


雨の七夕
7月7日の土曜夜は
隔月開催のモルト会の日でした

2018,7,7モルト

ジンとテキーラとラムと

2018,7モルト

よく覚えていないですが
会の後半は
お腹のすく話と時計の話でした


次回は9月の開催です
日時、テーマは追ってご連絡します






伊勢参り
ウッチーツブヤイター
立川橋がまだ落ちていなかった
先月6月17日は
思い立って
伊勢参りに行って来ました

うまだて

日帰りです
4時に起床
ざんじ出発します
高知高速道路、曇天の日の出
朝もやの馬立を過ぎ
徳島道、淡路島、神戸
大阪、京都、滋賀、三重
伊勢神宮を目指します

gえ1

10時過ぎには
外宮無料駐車場に到着
パンフレットを貰い
説明の順に回ります

げ2

伊勢神宮は観光地とは違い
順路、案内書きはほとんど無く
パンフレットにはとても助けられました
外宮は左側通行です

gえ4

外宮をコンプリートして
バスで内宮へと向かいます

内

内宮に向かう車は渋滞で大変そうですが
バスにはバスレーンがありスイスイ進み
内宮に到着
こちらは右側通行です
知らないで
橋の真ん中を渡る人もいます

ここから人口密度アップ


内2

五十鈴川で身を清め

厳かな気分で順に回ります

私利私欲のお願いなんかしません

写真も撮らず

木造建築の素晴らしさを

神宮の森の立派さを

ただただ見て

お

商店街は人の波波波

あか

赤福でお土産を確保し
逃れる様に外宮に戻ります
タモさん曰く
「伊勢神宮はS K G」
なるほど参拝・観光・娯楽

うどん

内宮と比べると
静かな外宮で名物伊勢うどんを頂き
15時には帰路に着きます
途中、神戸に寄り道し
就職活動に奮闘中の息子と焼き肉を喰らい


かんらん

淡路島を通過したのは20時頃になり
自宅に着いたとき
トリップメーターは960キロに!

1日の走行距離としては
自己最高記録でした









水まんじゅう 天の川 星の雫

愛宕に配達のついでとおみやげにあんこ

待ってました!
水まんじゅうの季節です。
季節の生菓子も旬のものに

福留菊水


おんちゃんはお酒のアテにチョコレートを買います。
ウイスキーではありません。
ビールに。
板チョコと缶ビール。
香ばしさで名ペアリング!
ほんとう?
口の中でチョコが分離しそう
わかるような気もしますが
マリアージュはあるのでしょうか。
どのタイミングでビールを含むのでしょうか。よく観察してみなければなりません。

酒好きおんちゃんは
もちろん 
あんこもオッケーです。
左党だけに甘いもの好き

「おんしゃー知っちゅうか
何で酒好きを左党というか」
長崎さんの声が聞こえてきそうです。

今夜はあの日本酒を
水まんじゅうとともに
逝った人を思い出しながら









いくり 

季節のくだもの
ご近所さんに今が旬の
「いくり」をいただきました。

いくり

果肉が黄色い甘酸っぱいすももです。実がなって庭でちぎってキュッキュと拭いてまんまかぶりつくかんじ。赤い色の濃い熟れたようなやつから皮ごし食べていきます。酸っぱいのも得意だから、独り占め。種をほっぺでしばらく置いて余韻も楽しみました。

もももすももも大好き

すももには、貴陽、陽光、ソルダム、太陽いろいろ品種はありますが、いくりは何でしょう。品種名なのでしょうか。今日のいくりはいつ誰がどうした木なのでしょう。詳しく聞いてみなければなりません。

今日の酒の肴に。










俺のアイコ Yesか農家選手権
嫁サボって・・・
昨夜は9時からの選手権参加のため、8時には仕事アガり、主催者の「食べ処・呑み処・みもと」さんへ。ひょんな話しから始まったこの選手権。サイエンダーのウッチーが、「誰が作ってもいっしょやき」言うき、「俺のが旨いき」「いやいや俺が作ったら」となり ・・・


腹ごしらえをして待ちます。
白ワインボトルで

マカロニサラダ
しいたけタタキ
親鶏スパイス焼き
韓国冷麺スープで
夕食

大会当日に調整が合わず出品個数が満たない方もありました。
残念ながら2,3粒のトマトは、小さくカットされ食味検査の対象にはなりましたが参考出品となり、審査員としての参加にまわります。選手、応援、審査員も集まり、生ビールや冷製パスタ、オーダーも入りつつ、いよいよ選手権開催です。

無記名

「俺のアイコ Yesか農家選手権」
本審査に望んだのは7名

まず実行委員長のみもとさんから
十市のプロのトマトが
今回の審査基準として
審査員全員に配られます。
これを基準点の3とし
5点満点の総合得点により
13名の審査員の総合得点で結審です。
自分のがどれだかわかりません。

さら

1番−45点
2番−26点
3番−39点
4番−48点
5番−43点
6番−35点
7番−33点

ぼーどかもんぬ

ひょんな話って?
何でこんなことになったがやったっけ? 個体差も大きいのに全員が2点をつけるとか有りえんし、1点と5点とか採点が割れるのもわからんし、トマトとは、トマトに求めるものとは???
えんもたけなわ結果発表です!

優勝はエントリーナンバー4番

ベランダ農家 内田さん(ウッチー)でした

ウッチーは、うれしいのでニコニコ、俺のトマトの栽培を語っています。

ですが、

なんだかバツが悪い











戦いは勝っても負けても遺恨を残す

次はベルギー戦です