内田酒店の日本酒会・ワイン会・その他 日々のよしなしこと

高知県高知市高須3ー16ー1 とさでん交通 東新木電停隣

店の営業時間 9時〜21時 日曜日は夕方〜21時
  配達受付 9時〜19時 日曜日はお休み
土佐酒道会ノーメル賞選定?
先月、半年ぶりの「土佐酒道会」がありました。
15年半もの間、毎月集まり開いた研究会。
いよいよ、最後ぱぁ〜っとおわるぞっと。
総会&第188回研究会ということになるのでしょうか。
ノーメル賞の各店ノミネート品を持寄り
年度末会計報告、総会、散会の予定でした。

いつもの時間、夜8時半開催。
場所はいつもの例会の支所和室ではなく
いつもの宴会の場所高知市内 花鶴さんで。

伊勢海老が一人一匹づつのった刺身盛り合わせに始まり、
ドロメ、たたき、鯖寿司、鍋、ツガニ汁・・・
持ち寄ったノーメル&ノーメン賞のノミネート酒。
花鶴
オリジナル
たたき
卵とじ
鯖姿
うすにご
鍋
ツガニ汁
会長
山崎会長
デザート
秋月先輩
秋月
のめん
源十
竹村社長
牧野
古谷さん
リブザルド
小笠原君

宴は大いに飲み食べ語らい笑い盛り上がり
酒道会のブログも引き続き更新予算を計上し
また来年この時期にノーメル賞発表という名目で集まりましょう!
同窓会また、飲みましょう!
と、
予算と余韻を残し散会しました。

15年の積もる話の続きは、
日本酒バー「ぼくさん」で
何を話したか忘れましたが・・
三次会は・・・

ぼくさん
代行

ノミネート酒や、酒道会の内容、詳しくは酒道会のホームページ
今回も、ホームページ他長年お世話になりました山根さんがまとめてくれています。
ありがとうございました!
皆さん、ありがとう ありがとう!
いよいよ卒業
PB
酒の道 楽しむ未知土佐酒道会
お酒のある豊かで楽しい生活を提案できる、真の「酒と食卓のプロフェッショナル」を目指して、日々活動をしている、高知の個性が光る酒販店有志の会。司牡丹酒造竹村社長を顧問とし現在県内7店がメンバー。毎月一回の例会でテイスティング技術、販売のプロとしての何かなどを考える研究会。




今日、土佐酒道会の監査をしました。
酒造年度に合わせ10月から翌年9月までの一年を区切りとし今年度の活動をシメました。今年度というか、長年の活動に一区切り、最後の監査です。会費残金を使い切り、今月の解散懇親会をもっていよいよ解散します。
予定表

思えば毎月休まず十?何年間。
堺町の司牡丹支店に夜8時、
酒屋が集まり勉強会。
長くこんなに長く続くとは。
司牡丹のタンクを選び酒道会PBの季節限定酒を発売
同じく限定焼酎の発売
商工会館を使わせてもらい何度か開催した
「立ち呑みワンダーランド」や
司牡丹支店の屋上で満月の深夜、
月光浴をさせた各店オリジナルの「宇宙酒」発売
2万円の「坂本龍馬乃船中晩酌野点箱」
その野点箱と浦戸湾屋形船クルーズ
そして
毎月の例会開催、
会の冒頭きき酒タイム
思えば遠くに来たもんだ
いやいや何処にも行ってません。
此処にいます。
今もあなたの街の酒屋として。

ノーメル賞あなたが、こりゃ「飲める!」とイチオシするお酒。と
ノーメン賞あなたが、こりゃ貴重すぎて「飲めん!」と思うお酒。
この2つが最後の会の最大議題です。

詳しくは解散懇親会の後・・・
焼酎は夏の季語。2
最高気温 更新中!



昨夜は酒道会でした。

720
酒道会と言えば、珍しい清酒取り焼酎。
米焼酎ではなく
清酒原料の焼酎です。

720 25度

25度720ml 950円

300  40度

40度300ml 650円

12年前の7月発売の限定品
超〜限定品。
興味のある方はどうぞ。


Vol.173 土佐酒道会 例会2013.2
酒の道 楽しむ未知土佐酒道会
お酒のある豊かで楽しい生活を提案できる、真の「酒と食卓のプロフェッショナル」を目指して、日々活動をしている、高知の個性が光る酒販店有志の会。司牡丹酒造竹村社長を顧問とし現在県内7店がメンバー。毎月一回の例会でテイスティング技術、販売のプロとしての何かなどを考える研究会。

に、行って来ました。
今回は、竹村社長と6店のメンバーで例会でした。
まず、ブラインドで利き猪口 4つ。

一つは司牡丹なので、どれかな、と答え探したのですが、まさか、全部 司牡丹の商品とは。

協会号と協会号とは。

坂竜飛騰」(本醸造酒)〈協会7号酵母・1回火入れ・アル分16〜17・精米歩合70%〉
「司牡丹・仁淀ブルー(ラベルなしの発売前酒)」(純米酒)〈協会7号酵母・1回火入れ・アル分16〜17・精米歩合65%〉
豊麗司牡丹」(純米酒)〈協会9号酵母・2回火入れ・アル分15〜16・精米歩合65%〉
「司牡丹・永田農法・純米吟醸」(純米吟醸酒)〈協会9号酵母・1回火入れ・アル分17〜18・精米歩合60%〉

真の「酒と食卓のプロフェッショナル」を目指して気づき、ブラッシュアップを貰える場です。


そういえば、
Vol.82 土佐酒道会 例会2005.7で当会アドバイザーの吉岡さんから含蓄あるおことば

『酒蔵をみるだけで、産業 歴史 旨いもの その他いっぱい すべてかも その土地のいろいろが見えてくる。酒蔵をキーワードに旅をするのも いいですよ』

という、のを思い出しました。蔵開きのイベントが集中する季節。この言葉を思いながら・・・。


土佐酒道会例会2010,7





堀川遊覧船にて船中晩酌! 前篇
楽しく遊んできました!

先週も今週もぐずぐず雨天、
南国土佐も梅雨の真っ只中です。
そんなくもりの日曜午後「遊覧船で土佐酒道会」です。

先月の「第140回土佐酒道研究会」にて
      いよいよやるで!
となっていた企画です。
昨年暮れからこの
坂本龍馬仕様の野点箱で花見の頃にやる話でしたが

やっと遊覧船の予約がとれ実現となりました。
酒道会のHPで2010.4.11に裏ワザ土佐観光として紹介したアレです。
昨年末に当会がオリジナル製作し、販売中の(残り僅か!)
龍馬も飲んだ?野点箱
この「箱膳と舟徳利と龍馬が活躍していた時代の酒と塩辛のセット」を
自分たちも使ってみよう!企画。
各自持ち寄り遊覧船貸切にて船中晩酌をしようという企画です。


この堀川を出発し浦戸湾に出、桂浜向いて行きます。コース
安岡
まず、当酒道会メンバー、高知市九反田の安岡酒店さんに集合。
本日の酒やオリ(酒肴弁当)を準備していない人は、
ツマミやビールなど持ち込み品をここで仕込みます。
普段は船内 飲食禁止らしいですが、
貸切の場合のみ 
持ち込み可


ちょっと、喉を安岡さんちの立ち飲みコーナーで
早速・・生ビールで・・・やっちょいて・・

本日お世話になる、
観光遊覧船事務局NPO法人きらりこうち都市づくりさん
きらり
安岡酒店さんのすぐそこ近っい
九反田橋たもとです。

高知新聞2008年2月16日(土)朝刊にも掲載されました。
事務局長の渡邊さんと皆さん名刺交換して・・・

テンション上がってきました!
どうしょう、
上げすぎてしまうと飲みすぎ注意!です。
落ち着いていけ!自分!
いよいよ乗降場へ!
乗降場
野点箱やらつまみを手に
酒道会メンバー 
いざ 乗船!

後篇へ続く
堀川遊覧船にて船中晩酌! 後篇
本日15時発、60~90分の一隻貸切二万円のクルージング。乗船料は?


堀川のマリーナに停泊中の白い舟の
その向こうに見える屋根付きの赤いボート
これが遊覧船です。
屋根付き、側面ぐるりガラスサッシ窓
小雨でも大丈夫、
風の寒さも心配ご無用!

遠足のバスの出発前、点呼の時のように
期待で 浮き足立っています!

しかし、揺れます。
「酔いますかねえ」「止まっている時が揺れるんですよ」
ええ!!!船酔いするかも?!

しまった! 浮かれて これっぽっちも考えなかった!
「大丈夫ですよ」「酒のんで酔ってしまえば」
ええ!
  船酔いに酔いは勝ちますか?!

そらそら ざんじ暫時 へんしも
乗るや否や舟が動く前に飲み始めねば
皆、笑顔で
乾杯


早速ツマミが広げられ
最初の小橋をくぐり、


船はスピードを上げて走り出し安定
船の揺れが気分良くかなりいいかんじに。
今回は船中晩酌メインですから!龍馬も通った桂浜 観光遊覧船でおきゃくwith船中晩酌野点箱
ガイドさんのお話も軽く簡単コースでお願いし、
賑やかに(ガイドさんすいません)杯が交わされます。
しかし皆がっさがさ落ち着きません。
徳利から酌、講釈、つまみの披露、交換、
 景色、写真、ツイッターでつぶやかな いかんしー。
   なんだか大忙し。 
皆、酒屋ですからいろいろ酒持ち込んでます。
ごろごろ瓶が転びます。
メインの酒は揺れても平気な
この日のための底でっちりの安定した舟徳利
全然平気 皆を笑うようにでんとしています。

徳利の中身はコレ。本日のメイン。

鏡川大橋をくぐり
堀川排水機場の赤い水門をくぐり
堀川から浦戸湾へ
前方に丸山台 ※
左手に高知市の台所、弘化台(高知市中央卸売市場)
おおっ! 雰囲気いいよ!この船内!
弘化台

船中野点箱がこんなにいいとは!
使ってこそ わかる。
是非、持つべきです!
実に良い「ガリレオ」の福山雅治ふうに
浦戸大橋浦戸大橋
この橋の向こうは海、太平洋です。

橋を見上げこのアングル、私初めてです。
高すぎです。

いよいよ前方右手に見えてきました。
桂浜の松林。
龍馬を探せ!
松林の中に龍馬の頭が見えているのを
見つけられるかな?見る

       ↓
桂浜
おんちゃん漁師?
「おーんちゃーん 何釣りゆうがー」
舟が寄ってきて タモがこちらに突き出され
たも蛸
タコを楽しい貰いました。 

現地の人との日常の何気ないふれあいは
旅ならではの楽しみです。

すっかり旅人気分で盛り上がります。ガイドさんの歌にあわせ

安岡さんギター
ほんと修学旅行のバスの中の盛り上がり。
IZUMIさんの珍しい超笑顔龍馬も通った桂浜 観光遊覧船でおきゃくwith船中晩酌野点箱



デッキの加山雄三
玉島?衣ヶ島?何島?

この島は?

詳しい写真やお話は、他の乗船者の
老舗日本酒蔵元「司牡丹」社長が語る裏バナシblogや酒道会の【裏ワザ・土佐観光】おとなの遠足のページ、7月には、ケープラス(今回たまたま友人のライターさんとお連れのカメラマンさんも同乗していましたので)でも掲載予定! お楽しみに!

船酔いか、酒酔いか わからんよう
ほろ酔いで行くのがいいと思います。

無事陸に降り、
当然、安岡酒店立ち飲みブースで二次会、
まだ明るい夕方、6時には、
皆さん散り散り夜の街へ消えていきました。

今回残念ながら参加できなかった山崎会長、またやりましょう!
ほんとに面白かった

 丸山台 戦前は得月楼の別館「此君亭」の建物があった。ここで、明治15年、板垣退助が県内の民権活動家ら約千人と大宴会を行ったらしい。

次回、立ち飲みワンダーランドは、ここで?
いやいや やるなら
まずは船中晩酌ワンダーランドでしょう 





龍馬も飲んだ? 船中晩酌セット

私たち、土佐酒道会メンバーが
昨年一年かけて完成させた、
何度も試作


『坂本龍馬乃「船中晩酌」野点箱』が、
高知新聞 朝刊で紹介されました。
高知新聞2010.2.2掲載

日本の夜明けを疾駆した、土佐の英傑・坂本龍馬。
こんな時代だからこそ、龍馬に思いをはせて、
ロマンを語りながら晩酌したい!
そんな思いで「土佐酒道会」が、細部までこだわりにこだわって、
『坂本龍馬乃「船中晩酌」野点箱』を完成させました!

龍馬が飲んだであろう、その時代の造りの酒を再現し、

その時代からあった内原野焼(うちはらのやき)の「船徳利」と「ぐい呑み」。

カツオと塩だけで造った、その時代の「酒盗」も再現し、壺に詰める。

さらに坂本家の家紋付き「晩酌膳」も合わせて、
それらを遊山スタイルで持ち運びできる杉の野点箱にセットにしました。

そんな『坂本龍馬乃「船中晩酌」野点箱』で晩酌しながら、
龍馬に思いをはせ語り合えば、
ロマンあふれる最高のひと時がご堪能いただけることでしょう。

詳しいセット内容は、酒道会ブログで。
実物は、今なら当店にてご覧頂けます。

ご注文は、酒道会ホームページか、当店にあります
専用用紙でお申し込み下さい。
尚、酒も酒盗も特別な商品ですので、準備に若干日数を要します。
その点はご理解いただけますよう、何とぞ宜しくお願い申し上げます。
土佐酒道会とは
酒の道 楽しむ未知土佐酒道会
お酒のある豊かで楽しい生活を提案できる、真の「酒と食卓のプロフェッショナル」を目指して、日々活動をしている、高知の個性が光る酒販店有志の会。司牡丹酒造竹村社長を顧問とし現在県内7店がメンバー。


12年前に発足した、土佐の酒屋の勉強会。
毎月一回、司牡丹高知支店の一室にて研究会を開き、
この2月で第137回目となる。

大型店が増え、商店街や個人商店が弱っていく昨今、
なんとかせねば、で、どうする、何する から始まり
会の名前を「土佐酒道会」と決め
メンバーの増減もあり オリジナル商品つくったり 
立ち飲みワンダーランドなるイベントを開催したり、
居残り自主補習で料飲店探訪してみたり、
現在に至る。

土佐酒道会7人衆

●秋月酒店(秋月孝夫):高知市孕西町215 
 TEL:088−833−3811  FAX:088−833−3813
 営業時間:9:00〜21:00頃  定休日:日曜日
●リカーギャラリーIZUMI(小笠原一成):高知市和泉町6−5
 TEL:088−822−8686  FAX:088−822−8694
 営業時間:8:30〜22:00(日曜15:30〜21:00) 定休日:無休
●内田酒店(内田雅之):高知市高須3丁目16−1
 TEL:088−883−2369  FAX:088−883−0974
 営業時間:9:00頃〜23:00頃(日曜夕方から営業) 定休日:無休
●北村酒店(中村雄一):高知市小津町5−9
 TEL:088−823−5458  FAX:088−875−3103
 営業時間:8:00頃〜20:30頃  定休日:日曜日
●酒商ふるや(古谷栄一郎):高知市追手筋1−3−15
 TEL:088−872−2482  FAX:088−822−8847
 営業時間:9:30〜22:30  定休日:日曜日
●安岡酒店(安岡博):高知市九反田8−6
 TEL:088−882−2286  FAX:088−882−2284
 営業時間:9:00〜21:00  定休日:日曜日
●山崎酒店(山崎眞幹):香美郡土佐山田町神母ノ木312−1
 TEL:0887−53−2345  FAX:0887−53−2345
 営業時間:8:30〜21:00(日祝日10:00〜21:00) 定休日:無休

顧問
●司牡丹高知支店:高知市堺町1番1号 TEL:088-822-0845 FAX:088-875-3386
 営業時間:8:30〜17:00  定休日:日曜・祝日(一部土曜)
●司牡丹酒造(株):高知県高岡郡佐川町甲1299 TEL:0889-22-1211 FAX:0889-22-4116
 営業時間:8:30〜17:00  定休日:日曜・祝日(一部土曜)


土佐酒道会公式ブログが一年前に開設されました。
老舗日本酒蔵元「司牡丹」社長が語る裏話blog「口は幸せのもと!」のブログカテゴリー土佐酒道会に過去の例会の様子が土佐弁でアップされています。                
土佐酒道会Vo.132 変わった酒





本唎大深猪口ホンギキオオブカチョコにそれぞれ注ぎ
ボトルは、冷蔵庫に戻し

きき酒 開始です。
酒、白酒、桃色酒、黄酒

ブラインドでノーヒントで色とりどりで


テーマは何だかわかりません!