2018年10月に引っ越しました
新しいうちださけのかいブログは

http://uchidasake.blog.jp です

そっちにブックマークお願いします
<< 10月1日は日本酒の日です。 | main | 若戎と春鹿の 蔵元を囲む会 >>
いよいよ卒業
PB
酒の道 楽しむ未知土佐酒道会
お酒のある豊かで楽しい生活を提案できる、真の「酒と食卓のプロフェッショナル」を目指して、日々活動をしている、高知の個性が光る酒販店有志の会。司牡丹酒造竹村社長を顧問とし現在県内7店がメンバー。毎月一回の例会でテイスティング技術、販売のプロとしての何かなどを考える研究会。




今日、土佐酒道会の監査をしました。
酒造年度に合わせ10月から翌年9月までの一年を区切りとし今年度の活動をシメました。今年度というか、長年の活動に一区切り、最後の監査です。会費残金を使い切り、今月の解散懇親会をもっていよいよ解散します。
予定表

思えば毎月休まず十?何年間。
堺町の司牡丹支店に夜8時、
酒屋が集まり勉強会。
長くこんなに長く続くとは。
司牡丹のタンクを選び酒道会PBの季節限定酒を発売
同じく限定焼酎の発売
商工会館を使わせてもらい何度か開催した
「立ち呑みワンダーランド」や
司牡丹支店の屋上で満月の深夜、
月光浴をさせた各店オリジナルの「宇宙酒」発売
2万円の「坂本龍馬乃船中晩酌野点箱」
その野点箱と浦戸湾屋形船クルーズ
そして
毎月の例会開催、
会の冒頭きき酒タイム
思えば遠くに来たもんだ
いやいや何処にも行ってません。
此処にいます。
今もあなたの街の酒屋として。

ノーメル賞あなたが、こりゃ「飲める!」とイチオシするお酒。と
ノーメン賞あなたが、こりゃ貴重すぎて「飲めん!」と思うお酒。
この2つが最後の会の最大議題です。

詳しくは解散懇親会の後・・・
COMMENT









Trackback URL
http://blog.uchie.ciao.jp/trackback/1074394
TRACKBACK