2018年10月に引っ越しました
新しいうちださけのかいブログは

http://uchidasake.blog.jp です

そっちにブックマークお願いします
<< 秋には 船中八策ひやおろし | main | 秋が来た ひやおろし >>
土佐酒で乾杯 はし拳 なかま
10月1日は、日本酒の日なので
こんなイベントがあります
ぜひお早めにお申し込みください

かんパイなかま
お申込みは高知県酒造組合
TEL;088−823−3558まで

同日同ホテルにて
第53回土佐はし拳全日本選手権大会
も開催されます。
昔は桟橋の高知県民体育館で行われていましたが、開催場所が変わりました。いろいろありながら続いています。そこに開催を待っている拳士がいるから。
午後1時からです。
参加申込みは10日に締め切られていますので今から拳士としての参加は無理ですが、見学は無料ですので是非こちらも覗いてみてください。酒屋や蔵元、酒問屋も酒造関係者が多数出席しています。大会運営側として。もちろん内田も。名誉大拳士ですから。

名誉大拳士になって26年

充可状

はし拳は、二人づつで勝負します。
まず二人、赤箸を三本ずつ持ち、酒と盃を置いた御膳を挟んで向かい合って正座します。じゃん拳で打ち込みの方を決めます。

じゃんけんで負けた方が「「いらっしゃい!」あるいは、「おいで」「はい!来いや」「俺に来い!」などと好き放題、掛け声と共に)拳に箸を何本か(0〜3本)隠して相手に突き出します。
じゃんけんで勝った方、打ち込みは相手の鼻息や拳の筋、びびり具合を見て、拳の中に箸が何本か勘を働かせ自分の箸と合計本数を推測し自分の打ち込む箸の本数を決め「3本!」と言って箸を隠した拳を相手に突き出します。
いらっしゃいと言った方は合計本数を推測し「1本」もしくは「5本」と声を張りながら推測した箸を隠して・・

そして呑むのです。
幕末に流行ったバクチらしいのですが、
呑んで呑んで分からんなって
負けて呑んで 笑います。
怒ったりヨウダイ云うたらしらけます。
はし拳 
遊びですから。

「赤いが〜出してや」とはし拳の塗り箸を出すよう言われる事もなくなりました。そんなおじいが、おらんなったきです。

今夜ははし拳を肴に一杯







COMMENT









Trackback URL
http://blog.uchie.ciao.jp/trackback/1075127
TRACKBACK