2018年10月に引っ越しました
新しいうちださけのかいブログは

http://uchidasake.blog.jp です

そっちにブックマークお願いします
新酒しぼりたてワイン入荷です
今夜のお薦めワイン
果物が口中で弾けるような
フレッシュな素直な味わい。
こだわりの新酒が入荷しました。

2015サンスフル

山形のタケダワイナリーがつくる
爽やかなスパークリング白ワインです。

無添加、MLFなし、樽熟成なし、濾過なし、亜硫酸なし
オリ・酒石あり
ぶどうのままがここにある

2015サン・スフル

アルコール11%
750ml ¥1,900 (税込¥2,052)



無添加の為、冷暗所もしくは冷蔵で保管してください。

サン・スフル
今夜のお薦めワイン
休日の始まりはコレで!
爽やかシュワシュワ白ワインでハッピータイム!

6月サンす降る

サン・スフル です!

無添加・無濾過、山形県産・完熟デラウェア種100%使用。
発酵中のワインを瓶詰めし、瓶の中で発酵を継続させることで、酵母が生み出した炭酸ガスがワインに溶け込んだ発泡ワインです。無濾過のためぶどう由来のにごりや澱が残り、それらが格別の風味を醸し出します。
今年は辛口・白・発泡ワイン
アルコール11%
750ml ¥1,900 (税込¥2,052)

タケダ(有)タケダワイナリー
◆山形県 上山
◆創業/大正9年(1920年)
◆概要/蔵王連邦のふもと、山形県かみのやま温泉近くにあるワイナリー。「良いワインは良いぶどうから」をモットーに、土壌改良からとりくみ自然栽培農法を実践する自家農園でとれるブドウを吟味し、地方色豊かな味わい深いワインを醸す。


山形で栽培の盛んなデラウェア種、しっかり栽培・醸造したものには華やかな香りと奥行きがあります。亜硫酸を使用しない「サン・スフル」で醸造を行い、アンセストラル法により発泡ワインに仕上げました。アンセストラル法とは、発酵中のワインを瓶詰し、瓶の中で発酵を継続させることで、酵母が生んだガスがワインに溶け込み発泡ワインになることです。酵母が生んだきめ細やかな泡が、デラウェアのフレッシュな香りをますます引き立てています。また、ろ過をしないで瓶詰めすることでぶどう由来のにごりが残り、それが格別な風味となっています。
酸化防止剤を使用せず、ろ過も行わない素直な味わいと、1本1本それぞれの瓶の中で育まれた、生き生きとした味わいをどうぞお楽しみください。
五台山山頂で花見
日曜日は、毎年恒例、五台山山頂
第11回みもと花見に参加してきました。

鉄塔と桜

高須新町4丁目のお食事処みもとさんの
愉快な仲間たちによる行事の一つ
会費三千円、少々の雨天決行
台風にキャンプ決行の強者揃いですから
嵐でも花見です。

南国バイパスから望む雨上がりの五台山
五台山山頂
北向

桜のアーチを抜け山頂へ
アサヒ樽生19L
生ビールセットとともに運ばれます。

総勢
生ビー
ごちそうさま
ワイン

宴席に唐揚げと生ビールがあるのは
うれしいね。
にぎり鮨が並ぶのも老若男女だからナイスです。
花霞を思わせる濁り発泡ワインタケダのサン・スフルもナイス。
花びらイン!
山頂のトイレのすぐそば
ってところが一番ナイス!


値上げ、月次処理、年度末、増税切り替え、
飲んでいる場合では無いんですけど・・


タケダのデラウエアのサン・スフル
初夏のワイン会で話題になったあの サン・スフルが入荷しています!

無添加、MLFなし、樽熟成なし、濾過なし、オリ・酒石あり。ぶどうのままがここにありました。印象に残る素直なおいしさでした。な〜んか違うんだな。
サンスフル

日本の食卓、葡萄といえば・・・
兄弟で房を取り合い、何粒一気に口に入れるか競ったり、皮をぷっと出すか、皮からチュッとすって食べるか言い合ったり、小粒で甘くて買いやすい値段で種なしにしてあり、一番なじみのあの葡萄。そう、それがデラウエア。

完熟したデラウェア種100%使用のスパークリングワインです。
きめ細やかな泡が、デラウェアのフレッシュな香りをますます引き立てます。

「タケダワイナリー
 サン・スフル発泡白山形県産デラウエア種」
アルコール:11.1%
王冠です。瓶ビールのように栓抜きで。


このワインは、上山市の協力農家が造った完熟したデラウェア種100%を使用しています。山形で栽培の盛んなデラウェア種、しっかり栽培・醸造したものには華やかな香りと奥行きがあります。亜硫酸を使用しない「サン・スフル」で醸造を行い、アンセストラル法により発泡ワインに仕上げました。アンセストラル法とは、発酵中のワインを瓶詰し、瓶の中で発酵を継続させることで、酵母が生んだガスがワインに溶け込み発泡ワインになることです。酵母が生んだきめ細やかな泡が、デラウェアのフレッシュな香りをますます引き立てています。また、ろ過をしないで瓶詰めすることでぶどう由来のにごりが残り、それが格別な風味となっています。
酸化防止剤を使用せず、ろ過も行わない素直な味わいと、1本1本それぞれの瓶の中で育まれた、生き生きとした味わいをどうぞお楽しみください。

【開栓時のご注意】
2007年のリリースから話題のワインですが、今年の(2012ヴィンテージ)これは、よく噴くらしい。毎年、もっといい開栓の仕方、もっと上手くと思うのですが、今年はより一層、注意して開けよ!です。
開栓前はよく冷やし瓶を振ったり、揺らしたりしないで下さい。瓶内のガス圧が高いので、泡や液体が噴き出します。流しの中などで、王冠部に手を添え、ガスを抜きながら少しづつ開け、収まったら王冠をはずしてください。
発泡性注意
続きを読む >>